植毛にも様々な方法があるのでそれによって費用も異なる

男の人

自分の毛を移植

悩む男性

自然で副作用がない

日本の植毛方法は人口繊維を植え込む方法が主流でしたが、身体の免疫機能から異物として認識される人口繊維は、次第に体外へ追い出されてしまうというデメリットがありました。近年では、人工植毛はほとんど行われなくなり、自毛植毛が主流となってきました。この方法は、自然な生え際を実現し、副作用がほとんどない現段階では最も理想的な植毛方法です。具体的な方法としては、比較的薄毛になりにくい場所とされる、後頭部や即頭部の髪の毛を毛根を含んだ毛包ごと取り出して、薄毛が気になるところへ移植するという手法です。この方法であれば、ご自身の髪の毛を使っていますから、免疫反応を起こすこともありませんから、副作用もありません。自分の毛ですから、定着率も高く、自然な生え際を実現することが可能です。

メスを使わない方法も

自毛植毛は、メスを使う方法とメスを使わない方法があります。メスを使う場合には、頭皮を細長く切り取りますから、傷跡が残る点はデメリットです。しかしながら、料金がメスを使わない方法に比べて半額程度で済むことが多く、定着率が高くなっていることは大きなメリットと言えるでしょう。比較的広い範囲の植毛にはおすすめの術式となっています。一方で、メスを使わない方法では、メスではなく小さなパンチを使って、毛包から取り出していきます。メリットは、傷口がほとんどできない点ですが、厳密に言えば粒状の小さな傷はできますので、ご注意ください。また、料金が割高なデメリットはありますが、比較的狭い範囲の植毛であれば、傷が目立たないこちらの方法がおすすめとなります。両方の術式が可能なクリニックがほとんどですから、カウンセリングで相談してみると良いでしょう。